• 買い物かご
  • 会員登録/マイページ

東京のちゃんこ鍋 販売店【ちゃんこ鍋 通販サイト】ちゃんこ友路

ちゃんこ友路公式サイトへ
03-3631-4889

受付時間: 12時〜17時 / 21時〜24時

お問い合わせ
0

お知らせ

肉・魚以外でちゃんこ鍋に必要となる基本的な具材とは?詳しくご紹介

※当コラムでは一般的な知識の共有を目的としております。コラムの内容が当店の商品やメニューに該当しない場合もございます。ご不明点がありましたら事前に店舗にお問い合わせください。※

ちゃんこ鍋といえば、 多くの具材が鍋の中でひしめき合ったボリューム満点な料理です。多くの量と栄養を必要とする力士のための料理なので当然かもしれませんが、肉と魚以外にどの具材を入れるべきかご存じの方は、意外と少ないでしょう。そこで今回は、肉・魚以外でちゃんこ鍋に必要となる基本的な具材についてご紹介いたします。

野菜

ちゃんこ鍋に用いられる野菜ですが、特定の野菜を入れなくてはならないという決まりはありません。お好みに合わせて変化を加えられます。味付けによっては相性がありますので、調整するとよいでしょう。基本的かつ代表的な野菜は以下のとおりです。

白菜

鍋に使われる頻度の高い野菜のひとつです。白菜のほとんどは水分で構成されているので、煮込むことによって多くの水分が出てきます。一般的なイメージとして、水分が多い野菜は栄養が少ないと思われがちです。しかし、白菜には十分な栄養素が詰まっています。とくに、必須ミネラルの一種である「モリブデン」という栄養素を多く含んでいるというのが白菜の特徴です。

長ネギ

長ネギも鍋料理の多くで採用されている野菜です。カットが簡単であるほか、どのようなスープでも相性がよいことも人気の理由ではないでしょうか。また、肉などと一緒に煮込むことでニオイや臭みを取る効果もあります。

水菜

ちゃんこでは水菜を入れることが多くあります。理由には、鍋全体の彩りがプラスされるという点と、シャキシャキとした特徴的な食感がよいアクセントになるという点が挙げられます。クセもなく、それでいて食感のバリエーションが増えるというのが魅力です。

人参

豊富な栄養素が人気の人参も、鍋では定番の野菜です。ビビッドなカラーが印象的であることと、スープにほんのり優しい甘さを加えられるという特徴があります。

きのこ

きのこもちゃんこの具材として定番です。きのこ自体の種類が豊富なので、どのきのこがよいのか迷ってしまうかもしれません。代表的な種類は以下のとおりです。

えのき

えのきの特徴には、安価であることと、どの鍋にでも合うという点が挙げられます。ちゃんこ鍋に関しても基本的な味付けはありますが、比較的自由です。どのような味のスープでも、えのきであれば味とぶつかってしまうことがないため、鍋に入れるきのこといえばえのきというほど定番化しています。

しめじ

えのきの次に人気の高いきのこがしめじです。肉や野菜に合うことやスープに負けない芳醇な香りと味わいから人気があります。コスト的にも比較的安価で、えのきに比べるとボリューミーなので、ちゃんこを豪華に見せる効果にも期待できます。

しいたけ

しいたけの魅力は肉厚であることと、香りと味わいではないでしょうか。厚切りにカットして入れることによって、肉や魚に引けをとらないほどの具材となるポテンシャルを持っています。しいたけは、だしの素として使用されているほどの味わいがあります。そのため、鍋の味付けにも一役買っているというわけです。

豆腐

鍋といえば豆腐というほど、多くの鍋で採用されています。ちゃんこに関しても例外ではなく、よく入る食材です。木綿と絹の2種類が基本となりますが、それぞれの特徴は以下のとおりです。

木綿

木綿豆腐の特徴には、食感と水分量が挙げられます。水分量が少ないため、大豆の濃い旨味を感じやすいというのも魅力のひとつではないでしょうか。製造工程で最終的に重石などを使って水分を抜いているので、水分を吸収するという性質を持っています。鍋の具材としては、一緒に煮込むことで鍋のスープや他の具材のエキスを存分に吸収し、味わいが増すというのがメリットとなります。

豆乳に凝固剤を入れて固めて作られるのが絹です。水分を一切抜いていないため、ぷるっとしたみずみずしさが最大の特徴です。木綿と違い水分を吸収しないので、鍋に向いていないように思えますが、湯豆腐のように豆腐そのものを楽しむのであれば問題ありません。

ちゃんこで使う際は、スープと一緒に食べるのか、スープを吸った豆腐を食べるのかによってどちらの豆腐がよいのかが変わります。ちゃんこの定義として決まりはないので、お好みで決めてしまってよいでしょう。

自由な組み合わせでOK

ちゃんこ鍋に入れる肉と魚以外の基本的な具材は先述のとおりとなりますが、結局のところ具材の定義は決まっていません。そもそもちゃんこ鍋は力士が作った鍋であることから名前がきています。具材をはじめとした鍋の内容はちゃんこ鍋という名前と連動していないのです。きのこも野菜と同様に複数種類を入れてもよいですし、ボリューム満点であることがポイントではないでしょうか。

また、鍋において重要な点はスープの味付けです。塩や醤油をベースにしたものも多いちゃんこ鍋ですが、味付けに関して特に決まりはありません。スープと調和する、あるいは味わいがプラスできる食材を投入すればよいだけです。自由な発想で味わい深くしてみましょう。

まとめ

肉や魚以外では、野菜やきのこ、豆腐が基本的なちゃんこ鍋の具材です。しかし、ちゃんこ鍋に入れる具材について細かい定義はないので、お好みに合わせてバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。「友路」では、ご自宅でちゃんこ鍋を楽しめるセットの通販を行っております。必要な具材が揃っているセットですのでそのままでも、具材を追加してもおいしくお召し上がりいただけます。お気軽にお求めください。

ちゃんこ鍋の具材に魚はいれる?おすすめの魚介類について

ちゃんこ鍋は力士が相撲部屋で食べる、たくさん具材が入った大きな鍋を想像する方が多いでしょう。醤油、塩、味噌などさまざまな味が楽しめるちゃんこ鍋ですが、魚介類を入れるときはどのようなものが合うのかご存じでしょうか?今回はちゃんこ鍋に合う魚について、詳しく紹介します。

ちゃんこ鍋には白身魚が合う!

ちゃんこ鍋に入れるのは白身魚がおすすめです。魚にはたくさん種類があるため、ちゃんこ鍋に入れる具材を選ぶときにも迷ってしまう方が多いでしょう。白身魚はクセや臭みが少ないのが特徴ですが、ちゃんこ鍋のシンプルな味付けを邪魔しないのでよく合います。

またクセが少ない分、鶏肉や野菜などほかの具材とも相性がいいでしょう。相撲部屋のちゃんこ鍋は具材を大きくぶつ切りにして入れることがほとんどです。家庭にある鍋のサイズでは限界がありますが、いつもよりも気持ち大きめに切って入れると雰囲気が出ます。

魚のすり身で作ったつみれを入れるのもおすすめです。つみれはやわらかく骨を気にせずに済むので、お年寄りや子どももいっしょに鍋を楽しめます。

おすすめの白身魚の種類は?

白身魚の中にも種類はたくさんありますが、せっかくなら旬の美味しい白身魚を楽しみたいものです。ここではちゃんこ鍋の具材としておすすめの白身魚の種類について紹介します。

タラ

鍋は肌寒くなってくる冬に多く食べられますが、タラはちょうど冬に旬を迎えるため美味しく食べられるでしょう。塩ちゃんこでシンプルに食べるとタラのおいしさを素直に味わえます。

カワハギ

なかなか手に入りにくいカワハギは、冬に最も肝が大きくなるため鍋にするのがおすすめです。シンプルな醤油出汁に肝の旨味が溶け出し、濃厚な味わいになります。

イサキ

イサキは夏の魚と思われがちですが、冬は皮と身の間に脂の層ができうまみが増すので、冬に鍋に入れて味わうことができます。ある意味冬が旬ということでもあるでしょう。

タイ

高価なためなかなか味わうことはできないかもしれませんが、ちゃんこ鍋に鯛を入れるのもおすすめです。鯛を入れることで見た目がゴージャスになり特別感が増します。鯛も冬に脂が乗って美味しい時期を迎えますので、鍋を入れて味わってみてください。

サケ

鮮やかなピンク色が特徴のサケですが、実は白身魚の一種です。サケは比較的味のしっかりしている魚で、鍋によく合い彩りも良くなります。サケ自体の味が強いので味噌ベースのちゃんこ鍋でもおいしく食べられます。

ちゃんこ鍋に入れるつみれの作り方

つみれはスーパーの鮮魚コーナーに行けば、すでに出来上がった状態で売られています。手軽に楽しみたい場合はそちらでも十分ですが、手持ちのフードプロセッサーを使って手作りすることもできます。魚のすり身150gに対して卵1/2個と片栗粉小さじ1を加えてよく混ぜると、ふんわりとしたつみれに仕上がります。

材料の魚は、スーパーで手軽に手に入るタラなどを使用するのがおすすめです。つみれの固さは片栗粉の量で調節することも可能ですので、お好みで調節してください。

白身魚の下処理方法

白身魚は臭みやクセが少なく、そのままでも食べやすい魚ではありますが簡単な下処理をしておくだけでよりおいしく食べられます。魚の切り身に塩を振っておき、1時間ほど置いておきましょう。その後使う前に一度水洗いしておくことで、魚の臭みを取ることができます。

この処理をしてから鍋に使うことで臭みがスープに移りにくく、味も濁らなくて済みます。醤油や塩などあっさりした味付けが多いちゃんこ鍋に使う際には、臭みを抜く処理をしておくのがおすすめです。

魚介の入ったちゃんこ鍋の作り

最後に、魚介の入ったちゃんこ鍋の作り方を簡単にご紹介します。

材料
・カニ500g
・エビ200g
・ホタテ(ボイル)200g
・サケ2切れ
・カキ100g
・いわしのつみれ4つ
・春菊、ネギなどお好みの野菜適量

スープ材料
・水1000ml
・塩小さじ1
・料理酒100ml
・鶏ガラスープの素大さじ1
・すりおろし生姜大さじ1

作り方
1. エビは背ワタを取り、カキはよく水洗いしておきます。
2. サケは一口大に切り、野菜は食べやすい大きさに切っておきます。
3. 鍋にスープ材料を加えて火にかけましょう。煮立ったら具材を入れます。
4. アクを取り全体に火が通るまで10分ほど煮込みます。

魚介をたっぷり使った基本の塩ちゃんこレシピです。家庭でも作れますので、お好みの具材をそろえて作ってみてください。また弊社で取り扱っているちゃんこセットを購入していただければ、こうした魚介系のちゃんこ鍋をより簡単に楽しめます。

まとめ

ちゃんこ鍋には臭みの少ない白身魚や、魚のつみれを加えることで魚の風味を味わうことができます。冬の時期に旬を迎える白身魚を味わうのに、ちゃんこ鍋はうってつけです。鍋のために、たくさんの種類の魚介を少量ずつ購入するのは意外と大変です。

そのようなときには、あらかじめ具材もセットになっている鍋の通販を利用するといいでしょう。「友路」ではちゃんこ鍋の通信販売を行っています。フグをはじめ海鮮がたっぷり詰まったセットもご用意していますので、ぜひご家庭で本場のちゃんこ鍋を味わってみてください。

ちゃんこ鍋を家族で楽しむなら?通販のおすすめやレシピなど解説

ちゃんこ鍋は具材がたっぷりなので、家族で楽しみながら栄養バランスの取れた食事をとれるのは嬉しいポイントです。しかし、具材をたくさん用意するのが大変な面もあります。

もし自分で具材を用意するのが面倒なら、通販を利用するのも1つの方法です。ぜひ、家族で鍋を囲み、体も心も温まってみましょう。

家族に人気のちゃんこ鍋通販なら?

ちゃんこ鍋といえば両国が本場ですが、自宅でも本物のちゃんこを楽しみたいという方も多いでしょう。通販なら、味のバリエーションもあり、野菜や肉、魚介類などが揃っているため、すぐにでも料理に取りかかれるのも人気の秘密です。

もし、ちゃんこ鍋の通販をお考えなら、ぜひ一度「ちゃんこ友路」にご来店ください。以下に、当店のちゃんこ鍋のラインナップをご紹介します。

一番人気のごまみそ味

当店で一番人気のごまみそ味のちゃんこは、特製のごまみそスープがポイントです。みそスープにごま油を使用しており、時間と共に味の変化をお楽しみいただけます。ちゃんこに欠かせない鶏つみれや豚肉、メカジキや鮭などの魚介類、白菜や小松菜などの野菜、締めのうどんやごまみそ味スープがセットになっており、2・4・6人前からお選びいただけます。

さっぱりポン酢味

ちゃんこ鍋をご家族で楽しみたいなら、さっぱりとしたポン酢味もお試しください。醤油が濃いめなのが特徴で、鍋のスープでお好みの濃さに調整できます。内容は、鶏つみれや豚肉などの肉類、メカジキ、タラなどの魚介類、白菜などの野菜、締めのマロニーやうどん、スープ、特製ポン酢がセットになっています。

ボリュームで選ぶならフグちゃんこ

少し高級なちゃんこをご家族で楽しむなら、フグちゃんこ鍋もお試しください。フグのほかにもエビや魚などがセットになっており、シンプルながら高級感もある鍋です。セット内容は、フグ、鮭、たらなどの魚介類、白菜や長ネギなどの野菜、豆腐、うどん、スープ、特製ポン酢となっています。ぜひ、ご家族の人数に合わせてご注文ください。

夏も冬も楽しめる辛みそ味

夏バテ予防や冬の寒さをしのぐのにぴったりなのが辛みそ味のちゃんこです。ただ辛いだけではなく、ほのかに感じる甘さや複雑なコクが人気の商品です。内容は、鶏つみれや豚肉などの肉類、鮭やタラ、エビなどの魚介類、白菜や小松菜などの野菜類、豆腐や油揚げなどの大豆製品、うどん、辛みそスープなどがセットになっています。オールシーズン楽しめる辛みそ味のちゃんこをぜひお試しください。

冬にちゃんこがおすすめの理由

冬にちゃんこ鍋がおすすめの理由は、第一に体が温まることです。冬場は外気温が低く、室内でも肌寒さを感じる季節でもあります。そんなときには、体を内部から温めてくれる鍋がおすすめです。

その中でもちゃんこ鍋は具材が豊富なので、栄養バランスに優れた鍋ともいえるでしょう。以下に、冬に鍋を食べる効果などご紹介します。

体温と免疫力がアップ

鍋を家族で囲むと、部屋も暖かくなりますが、体の内部から温めることも可能です。冬は手足などが冷えやすく、気づいたら体温が下がっている可能性が大きくなっています。また、人間の体の仕組みでは、体温が1度下がると免疫力が30%に下がるといわれています。鍋を囲んで体を温めれば、免疫力も同時に上り、家族の健康面でもプラスになってくれるでしょう。

乾燥対策に

鍋を囲んでいると湯気がでるため、囲んでいる家族に潤いがもたらされます。湯気がでると湿度も上がるので、同時に乾燥対策も可能です。冬の寒さや乾燥を気にする方は多くなっていますが、美容のためにも鍋はぴったりの料理といえます。

ダイエットにもぴったり

ダイエットでは野菜をたくさん取るのがよいとされますが、野菜たっぷりの料理を毎日作るのは大変です。その点、鍋なら煮ることでカサが減るので、知らず知らずのうちに野菜をたくさん食べていたなどの嬉しい効果もあります。また、脂質が気になる方も油を使わない鍋料理がぴったりです。

栄養バランスも抜群

鍋には野菜がたっぷりなのはもちろんですが、肉や魚介類なども入れやすく、栄養バランスも整いやすくなっています。とくにちゃんこ鍋は、基本の鶏肉以外にもさまざまな魚介類などが入るため、鍋だけで必要な栄養素を取れる可能性もあるでしょう。鍋の締めにご飯やうどんなどを食べれば、炭水化物もとれるので一石二鳥です。

家族に作ってあげたい基本の塩ちゃんこ鍋のレシピ

ちゃんこ鍋といえば、力士が食べるイメージをお持ちの方も多いでしょう。実は家庭でも作れるレシピは多くあります。また、手が地面につく=負けるとの連想から、ちゃんこ鍋では鶏肉がよく使われます。以下に、塩ちゃんこ鍋のレシピをご紹介しますので、ぜひご家族に作ってあげてください。

作り方をご紹介

塩ちゃんこ鍋の作り方をご紹介します。材料には、絹豆腐やキャベツ、人参、しめじ、ニラなどの野菜、鶏団子、だし汁(スープ)が必要です。だし汁は自作もできますが、スープだけを市販品に変えるのも1つの方法です。ただし、鶏団子はできればひき肉から自作してみましょう。

作り方は、まずキャベツをざく切りにし、人参をピーラーで細く切ります。鶏団子を作る場合は、ボールにひき肉と調味料などを入れて作るといいでしょう。土鍋にスープを溶かし、ひと煮立ちさせたら、鶏団子をスプーンですくい入れます。アクを取りながら、中火で3分ほど煮ましょう。さらに、ニラ以外の具材を加えて蓋をして5分ほど煮ます。最後にニラを加え、軽く煮れば完成です。

より本格的なスープを楽しめたり、具材を用意する手間を省けたりする通販のちゃんこ鍋セットは、準備する時間をさらに短縮してくれます。弊社でも取り扱っておりますので、ぜひご検討ください。

まとめ

ちゃんこ鍋の通販のおすすめ、冬にちゃんこ鍋がおすすめの理由、基本のちゃんこ鍋の作り方などご紹介してみました。ちゃんこ鍋は具材が豊富なのが特徴で、自宅で作るのは大変です。そんなときには通販を利用して、気軽に鍋を楽しんでみてください。家族のだんらんを作るためにも、ちゃんこ鍋はおすすめの料理です。

もし美味しくて手軽に楽しめるちゃんこ鍋をお探しなら、ぜひ一度「友路」にご来店ください。豊富なラインナップから、ご家族にぴったりの鍋選びのお手伝いをします。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。

今度の家飲みはちゃんこにしよう!家飲みは鍋パで盛り上がる

コンビニでおつまみを買っての家飲みも、悪くはありません。しかしたまにはカップルや夫婦で、または友人たちを招いて鍋パーティーにしてみませんか。おしゃべりをしながら鍋をつつきあう鍋パは、盛り上がること間違いなしです。鍋を囲んでのおしゃべりで、お酒も楽しく飲めるでしょう。鍋にもさまざまなものがあるなかで、今日は家飲みちゃんこ鍋の楽しみ方をご紹介します。

ちゃんこ鍋で家飲みをグレードアップ

そもそも家飲みとは、自宅でお酒を楽しむことです。お店にてみんなでワイワイ楽しむのもよいものの、家飲みにはさまざまなメリットがあります。

・好きなお酒を好きなだけ飲める
・服装を気にせず飲める
・閉店時間がない
・お酒やつまみにお金をかけられる

簡単なつまみを買ってきて飲むのも家飲みです。しかしカップルや夫婦で、そして友人たちと楽しく家飲みするなら少しグレードアップして、鍋パーティーがよいでしょう。そこでお薦めなのがちゃんこ鍋です。

皆さんご存じの通りちゃんこ鍋は、相撲部屋で力士たちが手間なくバランスのとれた食事をするために、考えられた料理です。とくに寒い冬の季節にちゃんこ鍋は最高でしょう。秋から春にかけてはふぐもおいしい季節になります。ちょっぴりリッチに、フグちゃんこ鍋はいかがでしょうか。お酒はビールもよいものの、熱燗もよく合います。

ちゃんこ鍋とお酒の組み合わせ

ちゃんこ鍋には冷たく冷えたビールや焼酎などがよく合うなかで、日本酒やワインなどさまざまなお酒を用意して楽しめるのが家飲みの醍醐味です。ここではスープ別に、相性のよいお酒をご紹介しましょう。

まずは鶏ガラベースに甘いしょうゆ味の、ソップ鍋です。定番のソップ鍋はどういったお酒も合います。なかでも甘さ控えめなら生酒・生貯蔵酒が、甘さ強めなら本醸造の日本酒や赤ワインが合います。シャンパン(スパークリングワイン)もおいしいものです。

ゴマみそ味はコクが強いため、お酒もコクの強いものを合わせるとよいでしょう。たとえばメルローやピノノワールのような香りの強い赤ワインがあります。また日本酒であれば、山廃仕込みなどのボリューム感あるコクの強いお酒があります。水炊き×ポン酢の組み合わせなら、酸味のあるサワー系がよいでしょう。吟醸酒もおいしくいただけます。

辛みそ味などの辛い鍋には、ほどよい甘みのある純米酒などの日本酒を選ぶとよいでしょう。ワインならフルーティーなものが合います。炭酸の効いたものなら、梅酒のソーダ割がベストな組み合わせです。ふぐ鍋には、吟醸酒や大吟醸酒などの繊細な日本酒がおいしくいただけます。

お友達が集まっての鍋パであれば、皆でお好きなお酒を持ち寄って組み合わせを楽しむと、家飲みがぐっと盛り上がるでしょう。

ちゃんこ鍋パーティーに必要なもの

ここでは家飲みで鍋パーティーをする際に、必要なものについて確認しておきましょう。まずは鍋をするのに、かならず必要なものからです。

鍋パーティーをするなら、やはり土鍋がベストです。深めのフライパンでもできないことはありません。しかし土鍋があれば、さまざまな鍋料理のレパートリーに対応できるうえに、雰囲気が違います。

土鍋は〇合というサイズ表記が一般的です。8号なら4人前、10号なら6人前が目安です。最近ではIH対応の土鍋もあります。後述しますが、加熱する調理器にIHクッキングヒーターを使うなら、IH対応の土鍋を用意しましょう。IH対応の土鍋はもちろん火にもかけられます。

卓上調理機(カセットコンロ、卓上IHクッキングヒーター)

テーブルで鍋を囲むために、安全な調理機としてカセットコンロがあります。最近では本格中華も可能な高火力なタイプや、アウトドアでの利用を想定した屋外でも使えるタイプもあるのです。また火を使わず電気の力で加熱する、卓上のIHクッキングヒーターもあります。

IH用の鍋が必要になりますが、火を使わないため安全です。コンロの近くに置いてあったお酒が、アツアツになってしまうことも防げます。さらにIHの場合にはガスボンベ不要のため、途中でガスが切れるといったことも防げるでしょう。

おたま

食材やスープを取りわけるのに必要です。必須ではありませんが、おたまスタンドもあると場所をとらずに置けるので便利でしょう。

食器

取り皿・箸・グラスも人数分必要になります。取り皿はひとりにつきふたつ以上あると、タレを変えたり殻をよけたりするのに便利です。100均で紙皿や紙コップなどを用意すると、後片付けも楽になるでしょう。

まとめ

今回は家飲みにおける、ちゃんこ鍋の楽しみ方をご紹介していきました。ヘルシーで栄養のバランスが取れたちゃんこ鍋は、家飲みのつまみにたいへん相性がよい鍋です。ちゃんこ屋が販売している鍋セットなら、手軽に本格的なちゃんこ鍋の味を楽しめます。

両国で昭和44年創業のちゃんこ屋である「友路」では、ご家庭で手軽に本格ちゃんこを楽しめる、鍋セットの通販をはじめました。新鮮な具材とスープがセットになって、2人前・4人前・6人前から選べます。追加の具材セットもありますが、大人数で楽しむなら味を変えて、2人前を複数購入するのもおすすめです。

コンロやなべなども複数必要になりますが、一度にさまざまな味を楽しめるのも家飲みの鍋パならではです。ちゃんこ友路の鍋セットで、ぜひとも鍋パを楽しんでください。

ちゃんこ鍋は一人暮らしの強い味方!作り方や具材例を紹介

ちゃんこ鍋といえばみんなでワイワイと食べるものというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、栄養バランスがよい上に、調理が簡単であることから、一人で食べるのにぴったりの一品でもあるのです。

今回は、一人暮らしをしている方や、ささっと一人で食事をすませたいという方に、ぜひおすすめしたいちゃんこ鍋の作り方をご紹介します。

一人暮らしでも簡単!ちゃんこ鍋のメリット

栄養満点のちゃんこ鍋は、ビタミン類からタンパク質まで一気に摂取できる、いわば完全食といえるものです。とくに、寒い冬は体をしっかりとあたためてくれる効果も期待できるでしょう。さらに、具材を切ってスープと煮込むだけというシンプルな工程なので、調理時間や洗い物を最小限に抑えられるというメリットもあります。

また一人暮らしだと、冷蔵庫の中にさまざまな材料が中途半端な量で残ってしまうことも多いでしょう。ちゃんこ鍋では、それらを全部まとめて美味しく食べられます。そのため、食材を無駄にすることなく食べきれるというメリットもあります。

一人ちゃんこの作り方

ちゃんこ鍋というのは、相撲部屋のまかない飯であるため、スープや具材にとくに決まりはありません。そのため、自分で自由に味付けや具材を選べます。まずはスープを選び、次に合いそうなメインの肉か魚を選びましょう。そして、一緒に煮込む具材を決めていくと、より簡単にちゃんこ鍋を作れます。また、一人でちゃんこ鍋を食べるときには、一人用の土鍋を使用するのがおすすめです。

スープを用意する

もっとも一般的といわれているちゃんこは、鶏がら味がベースとなっている塩味です。そのほかにも、みそスープ、醤油スープ、ポン酢スープも定番となっています。普通の味に飽きてきたという方には、カレースープがおすすめです。めんつゆに市販のカレールーを加えるだけで、簡単にカレースープを作れます。ほかにも、辛いもの好きな方は、豆板醤や一味唐辛子などを加えた辛スープもおすすめです。

メインの具材を選ぶ

スープを選んだら、それに合うようなメインの具材を選んでいきましょう。定番の塩ちゃんこによく合うメインの具材は鶏肉です。鶏のひき肉で作った鶏団子はもちろん、胸肉やもも肉、骨つき肉など、どんな部位もよくマッチします。ヘルシーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。

海鮮風味の鍋が食べたいというときには、鮭やカニ、牡蠣、エビ、ホタテなどの魚介類をメインにしてもよいでしょう。豪華な雰囲気になるので、特別なときに自分へのご褒美として作るのがおすすめです。辛スープなどのしっかりとした味のスープには、豚肉もメインの具材として人気を集めています。

野菜やその他の具材を選ぶ

ちゃんこ鍋に欠かせない野菜としては、キャベツや白菜などの葉物野菜があげられます。くったりと煮込むことで、スープにしっかりと野菜の甘みが溶け出し、ちゃんこ鍋をより優しい味にしてくれるでしょう。そのほかには、人参やにら、しいたけ、ねぎ、春菊、小松菜、エノキなどがあげられます。冷蔵庫に余っている野菜を、好きに選んで入れてみましょう。そのほかの人気の具材としては、豆腐、白滝、油揚げなどがあります。

手間を省きたいという方は

仕事や勉強が忙しくて、料理の手間をできるだけ省きたいという方にも、一人ちゃんこがおすすめです。スーパーや専門店で、スープやちゃんこ鍋セットを購入しておけば、それらを煮込むだけですぐに美味しいちゃんこ鍋を食べられるでしょう。ちゃんこ鍋を手間なく食べるためには、スーパーで購入する方法と、通販を利用して専門店で購入する方法があります。ここでは、それぞれ2つの方法をご紹介します。

スーパーで購入する

気軽にちゃんこ鍋を用意したいという方は、スーパーマーケットでちゃんこ鍋のスープを購入しストックしておくのがよいでしょう。よく見かける大きなパウチ入りのものは、一人でちゃんこ鍋をするには多すぎてしまいます。一人分のスープが小分けになっているものを選ぶか、ペットボトルの容器に入っていて必要な分だけ使用できるタイプのものを選ぶとよいでしょう。

具材を切ったり買ったりする手間も惜しいという方は、個食鍋と呼ばれる、一人分の具材がアルミ製の鍋に用意されているものを購入するのがよいでしょう。個食鍋は、付属のソースと水を容器に入れ、そのまま火にかけることで完成します。鍋やお皿を洗う手間が省けるため、忙しく過ごしている方にもおすすめです。

通販を使って専門店で購入する

一人だからこそ、自分のこだわりがある上質なものを味わいたいという場合には、ちゃんこ専門店の通販を使用するのがおすすめです。専門店ならではのバリエーションの多さが魅力的です。素材や出汁にもこだわり抜いたものばかりのため、自分へのご褒美としても最適でしょう。

まとめ

今回は、一人でも十二分に楽しめるちゃんこ鍋についてご紹介しました。簡単に作れるため、お気に入りのスープと具材を組み合わせて、自分だけのとっておきのちゃんこ鍋を作ってみてください。

「友路」は、本場両国にあるちゃんこ専門店です。そんな友路の味をご家庭でも楽しんでいただくために、通信販売がスタートしております。ゴマみそ味、ポン酢味、フグちゃんこ、辛ちゃんこと、こだわりの4種類をご用意しております。ぜひHPよりご購入ください。

力士の食べ物として有名な「ちゃんこ」の歴史やメリットとは?詳しく紹介

ちゃんこといえば、真っ先に力士が思い浮かぶのではないでしょうか。力士だけでなく一般の方からも長年愛されている料理です。しかし、そのようなちゃんこの定義や歴史についてご存じない方は多いでしょう。そこで今回は、ちゃんこの歴史やメリットについてご紹介します。

ちゃんことは

第一に「ちゃんこ」というのは鍋ではありません。一般的に、ちゃんこといえば鍋のイメージかも知れませんが、定義としては違うのです。ちゃんこというのは、力士が作る料理のことを指します。つまり、力士が作った料理であれば、ラーメンやパスタであっても、鍋であってもちゃんこになるのです。意外とこの事実をご存じない方も多いのではないでしょうか。

力士の方は普段の稽古と同じくらい食事を大切にしています。食事そのものも稽古の一環ということです。力士はまず身体が大きくなくてはいけません。そのため、稽古によって筋肉を肥大させると同時に、たくさん食事をすることが求められます。

一日の摂取カロリーは約8,000キロカロリーといわれており、一般成人男性の倍以上です。ところが、食事の回数自体は一日2回と意外にも多くはないので、そのぶん一度の食事で大量のカロリーを摂取しています。そういった大量のカロリーを消費する必要に迫られて、ちゃんこは誕生したのです。

ちゃんこの語源は諸説ありますが、中国から伝来した「チャンクォ」という鍋の呼び名がなまった結果という説や親方を「ちゃん」、弟子を「こ」と呼ぶという風習からきているという説が有力視されています。

ちゃんこ鍋の歴史

そんなちゃんこですが、もともとは一人ずつ配膳するというのが基本のスタイルでした。各自決められた量の食事をしていたのです。現在は大量の料理を大勢で囲むというスタイルです。では、いつスタイルが変わったのでしょうか。それにはある力士の存在が大きく関わっています。

相撲の拠点である両国国技館は有名ですが、現在の両国国技館は2代目です。初代の両国国技館は明治42年に竣工しましたが、時はそこまでさかのぼります。当時、常陸山谷右エ門という力士が非常に人気を博していました。後にホワイトハウスにて土俵入りを披露したといえば、いかに偉大な存在であったのかおわかりいただけるのではないでしょうか。その常陸山谷右エ門が在籍している相撲部屋が出羽海部屋で、入門者が爆発的に増えました。

そのため、出羽海部屋ではこれまでの一人ずつ配膳するというスタイルでは対応ができなくなってしまい、その結果、大量の料理を全員で囲むという現在のスタイルへと変化したのです。実際このスタイルが力士への食事提供方法として適していたため、全国の相撲部屋に広まりスタンダードとなりました。

ちゃんこ鍋のメリット

ちゃんこ鍋にはいくつかのメリットが存在しています。食事として楽しむ上でぜひ知っておくとよいのではないでしょうか。代表的なメリットは以下の3つです。

体を温められる

体が冷えてしまうと風邪を引いたり、病を患ったりしてしまいます。力士にとっても体は資本なので、体調を常に万全にしておく必要があるのです。そういった意味で、全身を温めることが可能である点が最大のメリットといっても過言ではありません。

野菜をしっかり摂取できる

鍋に野菜は欠かせませんが、ちゃんこ鍋も同様です。煮込むことによってかさが減るため、最終的に多くの野菜を摂取できます。また、通常の料理は水分と一緒に栄養素も多少なりとも流れ出てしまいます。鍋の場合はスープの中に残るので、余すことなく栄養を取り入れられる点もメリットです。

栄養バランスを整えやすい

多くの具材を使用するちゃんこ鍋では、野菜や肉、魚だけでなくきのこなどをふんだんに使用します。その結果、幅広い栄養素を同時に摂取することが可能となります。栄養バランスはとても大切なので、簡単にいくつもの栄養素が摂れるという点は魅力です。

他の鍋との違い

ちゃんこ鍋はその他の鍋と何が違うのでしょうか。決定的な違いとしてあげられるのは、作っているのが力士であるか否かという部分になります。ちゃんこ鍋は力士が作った鍋であるからこそちゃんこ鍋となります。全く同じ材料で作った鍋であったとしても、作ったのが力士でなかった場合にはただの鍋であるというのが定義に沿った解釈です。

しかし、一般的にはよくある具材の組み合わせの鍋をちゃんこ鍋と表現することもあるので、解釈次第というのが正直なところです。

あまり厳密に考えなくても、ちゃんこ鍋と同じ味付けと具材のものであればちゃんこ鍋として認識していいでしょう。そういう意味では他の鍋との違いはないともいえます。力士部屋では、毎日飽きることがないように味付けや具材のバリエーションが豊富です。この味がちゃんこ鍋という基本に沿っていればそれはちゃんこ鍋ですし、それ以外は通常の鍋になります。

あるいは力士部屋で実際に採用されているレシピを再現した鍋であれば、それは確実にちゃんこ鍋です。他の鍋との明確な区別にもなります。捉え方次第では、自由な発想で構成されているのがちゃんこ鍋であるといえるのではないでしょうか。

たとえばトマト鍋でも、作っているのが力士である、あるいはどこかの力士部屋で実際に食べられているのであれば、それもちゃんこ鍋です。

まとめ

力士が作った食べ物全般を指すちゃんこですが、一般的には鍋のイメージかと思います。ご自宅でも気軽に楽しむことが可能ですので、ご家族で味わってみてはいかがでしょうか。「友路」では、誰でも簡単にご自宅でちゃんこを楽しめるセットの通販を行っております。さまざまなバリエーションをご用意しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

ちゃんこ鍋のスープはバリエーション豊富!本格スープを通販で購入しよう

栄養たっぷりで、寒い冬にまさにぴったりなのがちゃんこ鍋です。ちゃんこ鍋の美味しさを左右するのは、やはり味わい深いスープでしょう。今回は、ちゃんこ鍋のスープに関する、味のバリエーションについてご紹介します。

ちゃんこ鍋のスープは塩が定番?

相撲部屋で毎日食べられているともいわれているちゃんこ鍋は、塩味が定番です。どんな野菜もお肉もお魚も全てを包み込んでくれる、まさに王道の味ともいえるでしょう。

塩スープのちゃんこ鍋はどんな具材とも相性抜群

塩ちゃんこは、そのあっさりとした味わいが特徴です。どんな具材でもバッチリ合いますが、とくにおすすめしたいのが鶏肉を使った塩ちゃんこです。なかでも、ひき肉で作った鶏団子は相性抜群!さらに、胸肉やもも肉、骨つき肉などでも美味しくいただけるでしょう。塩ちゃんこは、どんな野菜とも相性がよいため、基本的には好きな具材を選んでかまいません。

定番野菜としては、にんじんや大根、舞茸や春菊、ごぼうなどがあげられます。また、豆腐や油揚げなどを加えるとさらに美味しくなること間違いありません。もし変わり種を試してみたいという場合には、牡蠣やエビ、タコなどの具材を加えてみるのがよいでしょう。魚介のだしが塩スープとあいまって極上の味になるはずです。あまり先入観にとらわれず、自由に具材を選んでみましょう。

塩ちゃんこスープの作り方

塩スープの作り方にはさまざまなものがあります。ここでは基本的なスープの材料をご紹介しましょう。ちゃんこ鍋における塩スープの味で決め手となるのは、鶏がらスープの素です。そのほかにも、酒と塩、にんにくと生姜、みりんなどを加えていきます。

味にこだわりたいという場合には、料理酒の代わりに日本酒を使ったり、ミネラルを多く含んだ藻塩などを使用したりするのがおすすめです。ほかにも、アクセントとして醤油やごま油、甘みを出すための玉ねぎを使用する場合もあります。 

塩に飽きたら!ちゃんこスープのバリエーション

どんな具材とも相性抜群の塩ちゃんこですが、毎回同じでは飽きてきてしまうでしょう。ちゃんこ鍋は塩スープが定番であるものの、基本的にはスープや具材に決まりがあるというわけではありません。ここでは、ぜひチャレンジしてもらいたい、ちゃんこスープのバリエーションをご紹介します。 

みそスープ

塩と並んで人気が高いのはみそスープ味のちゃんこ鍋です。みその甘みが具材に染み込み、なんとも優しい味になります。もう少しこってりとしたスープにしたいという方は、バターをひとかけら加え、みそバタースープにするのもおすすめです。

ポン酢スープ

さっぱりと食べたいという方におすすめしたいのがポン酢スープのちゃんこ鍋です。とくに鶏肉や白菜、大根などとの相性がよく、繊細で優しい味付けとなっています。ポン酢を黒酢に変えるアレンジもおすすめです。

カレースープ

子供から大人まで幅広い人気を誇っているカレーは、ちゃんこ鍋のスープとしても大活躍です。市販のルーに出汁やめんつゆなどを組み合わせるだけで、簡単につくれます。締めには、うどんとチーズを加えて食べるのがおすすめです。

辛スープ

鍋といえば辛いスープが欠かせないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。辛いスープのちゃんこ鍋にするためには、辛味だけでなく、コクや旨味をしっかりと際立たせることが大切です。みそや鶏がら味のスープをベースにしてみましょう。そこへお好みで豆板醤や一味唐辛子などを使って、辛味を加えていくのがおすすめです。さらにねりごまを加えるとより味に奥行きを出せるでしょう。辛いスープは、豚バラやニラなどとの相性も抜群です。

スープはどうやって用意する?

さまざまな種類があるちゃんこ鍋のスープですが、忙しい時にはスープを準備するのが大変な場合があるでしょう。そんな時には、スープを購入して手間と時間を短縮するのがおすすめです。スープをストックしておけば、具材をパッと切って鍋で煮込むだけで、簡単に美味しいちゃんこ鍋をいただけます。

スーパーで市販のスープを購入

スーパーでよく見るのが、パウチに入れられたレトルトのスープです。そのままスープを鍋に入れるストレートタイプのものと、水で希釈して薄めて使用するタイプのものがあります。ほかにも、ペットボトルの容器に入った大型のスープや、一人用のスープの素なども販売されています。買い物のついでにスーパーで気軽に購入できるものの、味のバリエーションがそこまで多くないため、飽きやすいという欠点があげられるでしょう。

通販で専門店のものを購入する

味にこだわりたい、とっておきのちゃんこ鍋を食べたいという方におすすめしたいのが、通販を利用して専門店のちゃんこスープを購入する方法です。市販のものに比べると、たくさんのバリエーションがあり、それぞれ素材にもこだわり抜いた、とっておきのものばかりが揃っています。ちゃんこ鍋スープだけ購入してもよいでしょう。ちゃんこ鍋セットとして具材と一緒に購入することもできます。

まとめ

今回は、幅広いバリエーションを持つちゃんこ鍋のスープについてご紹介しました。その日の気分に合わせて、スープの種類や、スープに合う具材を選んでみてはどうでしょうか。

「友路」は、本場両国のちゃんこ専門店です。お店の味をご家庭でも楽しんでいただけるよう、ちゃんこ鍋の通信販売を行っております。特製ゴマみそ味、自家製ポン酢味、フグちゃんこ、辛ちゃんこの4種類をご用意しております。ぜひ本場のこだわりちゃんこ鍋をお楽しみください。

簡単・ちゃんこアレンジ!ひと味違うちゃんこをあじわうには?

鍋料理のなかでも、ちゃんこは日本に古くから存在する代表的な鍋です。世間からみるとお相撲さんがよく食べる鍋といった印象が強くあるでしょう。ちゃんこは醤油やみそで味付けし、野菜・肉団子・うどんなどが入っていると一般的です。鍋に入った主な材料に合わせて、トリちゃんこや味噌ちゃんこといった言い方をします。

普通に食べてもおいしいちゃんこを「たまには、変わった味で食べたい」という方や「スープや具材の残りを、鍋以外で活用したい」という方も多くいるでしょう。

今回はちゃんこでできるアレンジ鍋と、ちゃんこの残りでできるアレンジ料理をご紹介します。味に飽きてしまったときは、ぜひ参考にして一風変わったおいしいちゃんこを食べてください。

ちゃんこ鍋のアレンジ

まずは基本的な、ちゃんこ鍋のアレンジ方法を解説していきましょう。

坦々ちゃんこ

歴史の長いちゃんこも、ピリ辛で刺激のある坦々ちゃんこ鍋にできます。追加で入れるのは、豆板醬・オイスターソース・ラー油、山椒・ひき肉だけです。

・鍋にスープを入れ、豆板醬を溶かす
・オイスターソースを加え、具材を煮込む
・仕上げにラー油と山椒を適量入れる
・炒めた適量のひき肉を鍋にのせる

さらに辛いのが好きな方は、アレンジをしてみましょう。辛めの調味料の分量を多めに入れたり、花椒を加えたりするのもおすすめです。また豆乳を加えると、まろやかな風味に仕上げられます。

カレーちゃんこ

辛い食べ物で老若男女問わず人気があるものといえば、カレーです。ちゃんこをカレー風味にすることで、家族みんなが楽しく食卓を囲める鍋に変身します。

・カレーパウダー、ガラムマサラ・チリペッパー・コショウを混ぜ合わせる
・ベースとなるみそスープを沸騰させる
・1の材料を加えて、具材を煮込む

ガムマサラやチリペッパーなど、ご家庭によってない場合があります。そのような場合はカレールーを代用するのもよいでしょう。

味噌バターちゃんこ

ラーメンでも定番メニューとなっているように、みそとバターの相性はピッタリです。バターを加えることで、よりこってりとした濃厚なコクのあるちゃんこ鍋になるでしょう。

・水気を切ったじゃがいもを入れ、沸騰させる
・その他の具材を加えて煮る
・全体的に煮込んだら、バターお好みでコーンを加える

ほかに材料がないときは、バターを加えるだけでもよいでしょう。忙しいときでも簡単に調理できます。

ちゃんこの残りでできるアレンジ料理

残ったスープを活用して、締めに雑炊やラーメンとして余りなく食べるのは、アレンジの定番として広く知られています。ただすでに満腹状態で、締めが行えなかったときはどうすればよいでしょうか。

残ったスープや具材をもったいないと感じながらも、捨ててしまう方もいるのではないでしょうか。そのようなとき、スープや具材を後日の料理に活用する方法も可能です。

煮込みカレーうどん

煮詰まったスープの残りからでも作れる、煮込みカレーうどんです。特別な調味料は不要なため、すぐに作れて非常におすすめとなっています。

・鍋のスープに好みの具材を入れる
・鍋にカレー粉を入れ、溶けたら麺つゆを加える
・うどんを入れて全体的に煮込む

うどんと相性がよいキノコや油揚げを加えると、味が深まります。もし煮込みすぎて味が濃くなった場合は、適宜水やお湯を加えて味を調節してみましょう。

炊き込みごはん

炊き込みごはんは具材を必要としないため、残ったスープのみで具材がなにもないときも、安心して調理できます。

・研いだお米に残りのスープを入れる
・炊飯器を使って炊飯し、できあがりを待つ

もちろんお好みでお肉や野菜などの具材を入れてもよいでしょう。スープが足りないときは水を加えて水量を調整し、味が薄いときは醤油や塩で好みの味へ近づけましょう。

野菜スープ

完成されたスープの味を壊したくないなら、野菜スープもおすすめです。具材を切って煮込むだけなので、あまり食べたくない日でも胃腸に負担もなく、栄養を摂取できます。

・玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを細かく切る
・フライパンにサラダ油もしくはバターを入れ、温める
・1をしんなりするまで炒める
・残りのスープを加えて煮込む

またここに牛乳も加え炒めた具材を、フードプロセッサーで細かくするとポタージュにもできます。生姜を適量加えると、さらに身体を温める効果が深まるのです。

グラタン

手の込んだアレンジ料理を作るなら、グラタンにも可能です。

・フライパンにバターをいれ具材も炒める
・1にスープの残りを入れ牛乳も入れてひと煮立ちする
・小麦粉をダマにならないよう混ぜる
・グラタン皿にうつして、チーズをかける
・230度のオーブンで5分から8分程度焼く

お好みでグラタンの定番であるマカロニを入れたり、和風のちゃんこスープにあう餅を加えたりしてみましょう。よりおいしさが際立ちます。

まとめ

いつも通りのちゃんこ鍋、締めの定番である雑炊やラーメンはたいへんおいしいものです。ただたまには、ひと手間加えたアレンジ鍋や、一味変わったアレンジ料理にしてみませんか。ちゃんこがよりおいしく感じられることでしょう。今回ご紹介したアレンジ以外にも、自分好みのアレンジを探したり作ったりしてみてください。そうすればさらに、楽しい鍋の時間にできるでしょう。

「友路」では、ちゃんこ鍋セットを取り扱っています。オンラインショップも開設しており、全国各地にお届け可能です。いつもどおりのちゃんこにしても、アレンジして変わったちゃんこにしても、おいしく食べられます。気になる方は、ぜひとも一度手に取ってご賞味ください。

お問合せありがとうございます~辛みそちゃんこ味

お問合せありがとうございます。

辛みそちゃんこ味の辛さ・・・

申し訳ございません。

辛さの数値化が出来ないので 店主個人の感覚でお話させて頂きます。

近年、激辛ブームが再来し大変辛い物が販売されていますが、

当店の辛みそちゃんこは、そこまで辛くございません。

見た目は唐辛子が、ス-プに浮いているので辛そうに見えますが、

辛さの中に、甘み・酸味があり 

鍋の具材を焚き続けると、時間と共に辛さが変化し

まろやかになってきます。

もし それでも辛い場合は

・出汁を足す

・白菜、玉ねぎ など 野菜を足す

・牛乳を足す(計量カップ半分程度)

をお試しください。

雑炊の時は、とろけるチーズを入れるとまろやかになります。

お子様・辛い物が苦手方・・・・申し訳ございません。

ゴマみそ味を 是非とも お楽しみください。

 

 

 

ようこそ
ちゃんこ鍋の通販 墨田区両国のちゃんこ鍋専門店 ちゃんこ友路

商品カテゴリー
ページ
ヘルプ